「小さな親切」運動

小さな親切運動って?
山陰本部を紹介します
どんなことをしているの?
さぁ、運動に参加しよう!
第26回総会報告
「小さな親切」運動山陰本部

〒690-0062
島根県松江市魚町10
山陰合同銀行地域振興部内
TEL:0852-55-1890
FAX:0852-27-8249

お問い合せ
e-mail

問い合せ e-mail

山陰合同銀行トップページ

Copyright(C) 2005-2016
小さな親切運動山陰本部


小さな親切運動

仕切り

どんなことをしているの?

日本列島クリーン大作戦 エコキャップ収集運動 「小さな親切」作文コンクール 「みんなつながろトモダチ作戦」(あいさつ運動)
「使用済み切手・プリペイドカード寄贈運動」への協力 車椅子等の寄贈 紙芝居キャラバン声優さんがやってくる 子ども支援事業
山陰本部から感謝状贈呈 TVCM 「小さな親切」実行章の推薦

 

日本列島クリーン大作戦

【美しい日本 美しい心】をスローガンに、「ごみを拾うことで、ごみを捨てない心」を育て、「ごみを拾うという小さな体験を通して、ボランティア精神の芽」を育む、全国的な清掃活動です。また、ふれあいによって地域コミュニティや人とのコミュニケーションづくりへ、大きな力を発揮しています。

●当本部では、山陰の美しい自然を守り、未来に引き継ぐ為、山陰両県の海水浴場等を中心に清掃活動を実施しています。

●実施期間
6月〜7月

●2021年度の参加実績
6月13日に羽合海水浴場(湯梨浜町)、6月27日に耳浦海水浴場(西ノ島町)の2会場で開催して、約100人に参加いただきました。

新型コロナウイルスの影響と天候不良により16会場は中止となりました。

●累計実績
1997年〜2021年まで、累計69,700人以上が参加しています。

海岸清掃
羽合海水浴場(湯梨浜町)


エコキャップ収集運動

エコキャップ運動とは使用済ペットボトルのキャップを収集して、リサイクルメーカーへ売却し、その売却益で世界の子ども達にワクチンを届ける運動です。
エコキャップの売上代金は、「認定NPO法人世界の子どもにワクチンを日本委員会」へ寄付しています。

●累計収集実績
2010年〜2020年まで、累計14,975kg(金額換算149,750円)
●2021年12月末現在
2,186kg(金額換算21,860円)

寄贈(お持込)方法について     ●寄贈票



「小さな親切」作文コンクール

 小中学生のみなさんを対象に、親切について考えてもらう機会として、鳥取・島根両県内の小中学校に作文コンクールへの応募を呼びかけています。
 2021年度は3つのテーマで募集しました。

●テーマ      ●特別テーマ
「小さな親切」     世界との出会い           コロナが教えてくれたこと
           〜ありがとう、どういたしまして〜

●応募資格 小学生・中学生

全国40,565編の応募の中から、山陰両県より3名(小学生1名・中学生2名)の方が入選されました。
うち1名は全国第3位となる「小さな親切」運動本部賞を受賞されました。

入賞作品は下記リンクからご覧頂くことができます。

入賞作品集♪

「みんなつながろ トモダチ作戦」(あいさつ運動)

 コミュニケーションの基本となる、学校や地域の中での「あいさつ」を習慣づけ、楽しく続けてもらうために、あいさつ運動をサポートする活動です。
4月と10月を「あいさつ」運動強化月間として、鳥取・島根両県のまちかど等で明るく気持ちの良いあいさつを呼びかけています。
2021年度は新しい仲間が49校増えて 全国各本部No.1!!の103校になりました。

「あいさつ運動」推進校     あいさつ運動の様子はこちら



「使用済み切手等寄贈運動」への協力

 使用済み切手や書き損じハガキ等をボランティア団体に贈呈し、その売却代金によって開発途上国でのボランティア活動等に役立てられています。
※使用済みプリペイドカードの収集を再開しました。(クオカードは対象外)
※金額換算について
2021年度より新単価適用:使用済み切手1,500円/kg 書き損じハガキ等 額面金額-5円(交換手数料)/枚 使用済みテレカ1円/枚

●累計収集実績(2001年〜2020年)
 使用済み切手等755kg(金額換算377,500円)
 書き損じハガキ等7,056枚(金額換算317,520円)

●2021年12月末現在
 使用済み切手    25kg
 書き損じはがき等 119枚
 使用済みテレカ  170枚
 金額換算   約44,453円

車椅子等の贈呈

2020年度より、「車椅子の贈呈」事業と「杖を贈る運動」事業を統合しました。市町村に車椅子等を贈呈し、高齢者や身体の不自由な方の安全性の向上に役立てていただいています。

  ●「車椅子の贈呈」実績(1999年〜2019年)
   山陰両県の社会福祉協議会へ累計126台の車椅子を贈呈しました。

  ●「杖を贈る運動」実績(2014年〜2019年)
   山陰両県の12市12町に杖等を贈呈しました。

  ●「車椅子等の贈呈」実績(2020年〜2021年)
   山陰両県の6町2村に車椅子等を贈呈しました。

■2021年度
  □鳥取県
   北栄町  車椅子2台
   日吉津村 握力計2台・老人車2台・マイクレシーバー3台
  □島根県
   美郷町  シャワーチェア1台・歩行援助器2台・お薬ポケット2個・可動式杖1本
   知夫村  オートディスペンサースタンド2台


山陰本部独自企画
「紙芝居キャラバン声優さんがやってくる」

●本企画は次世代を担う子どもたちの情操教育の充実に貢献することを目的に、テレビアニメ等で活躍中の有名な声優をお招きし、山陰の子どもたちに紙芝居を通して「小さな親切」の大切さを伝えるというもので、山陰両県の小学校を対象に2005年度から実施しています。
●2021年度は新型コロナウイルスの感染状況が落ち着いた11月-12月に感染対策を施し、鳥取県・島根県各6校に訪問しました。コロナ禍で行事やイベントが少ない中、訪問校の子ども達には例年以上に有意義なひと時をプレゼントすることができました。


大原 めぐみさん   大原 めぐみさん
大原 めぐみさん
ドラえもん/野比のび太 ほか
永澤 菜教さん   永澤 菜教さん
永澤 菜教さん
ちびまる子ちゃん/ブー太郎 ほか
2021年度訪問校  
湖山西小学校 鳥取市
江山学園
若葉台小学校
福生西小学校 米子市
箕蚊屋小学校
明道小学校
朝陽小学校 出雲市
さくら小学校
国富小学校
大東小学校 雲南市
鍋山小学校
斐伊小学校
※小学校訪問実績累計は、鳥取県内123校中99校、島根県内200校中108校です(2022年2月末現在)

紙芝居動画

●「古事記」を題材にした出雲神話紙芝居2編(イナバのしろうさぎ、やまたのおろち)を
 プロの声優に読んでいただきました。
●声優(有限会社ケッケコーポレーション所属)
 ・永澤菜教さん
 ・肥後マコトさん(島根県浜田市出身)
●紙芝居出版社
 株式会社かみありづき(島根県出雲市)

イナバのしろうさぎ

やまたのおろち


子ども支援事業

次代を担う子ども達の交流機会を増やし、より良い環境を提供することで「豊かな心」の醸成につなげることを目的に、児童福祉施設等に希望の品を贈る事業です。
2021年度は以下の児童養護・福祉施設に贈呈しました。

子ども支援運動 子ども支援運動
独立行政法人国立病院機構
松江医療センター(松江市)
【モバイルプロジェクター 1台】
独立行政法人国立病院機構
鳥取医療センター(鳥取市)
【トーンチャイム 一式】
子ども支援運動 子ども支援運動
社会福祉法人いわみ福祉会
こくぶ学園(浜田市)
【電子キーボード 2台】
【幼児用自転車 2台】
鳥取県立総合療育センター(米子市)
【モバイル端末 一式】
【ブルーレイレコーダー 1台】

●累計贈呈実績
2014年〜2021年まで、20施設に贈呈しました。(鳥取県内10先、島根県内10先)


山陰本部から感謝状贈呈(2020年度活動)

 2020年度にエコキャップ、使用済み切手等の収集活動にご協力いただいた16団体2個人に山陰本部より表彰状を贈呈しました。

表彰状贈呈先


松江市立津田小学校
松江市立津田小学校
  株式会社三栄
株式会社三栄
車田音楽事務所
車田音楽事務所
  鳥取市立若葉台小学校
鳥取市立若葉台小学校
カナツ技建工業株式会社
カナツ技建工業株式会社
  平成記念病院
平成記念病院
安野産業株式会社
安野産業株式会社
  共和水産株式会社
共和水産株式会社
宗教法人清水寺
宗教法人清水寺
  中村ブレイス株式会社
中村ブレイス株式会社
日商機材株式会社
日商機材株式会社
  米子市社会福祉協議会
米子市社会福祉協議会
株式会社懸樋工務店
株式会社懸樋工務店
  美保テクノス株式会社
美保テクノス株式会社
大昌株式会社
大昌株式会社
 

TVCM

テレビCMとコラボ!!
2021年6月〜9月、日本海テレビあいさつキャンペーンCM「あいさつっていいね!」に協賛しました。
視聴者から投稿された「あいさつ動画」が、200回以上放送されました。
放送期間中の山陰本部ホームページの閲覧数は18,842件(前年同期間比+7,096件)と大きく増加しました。

テレビCM

テレビCM

▲上に戻る


「小さな親切」実行章の推薦

ありがとう…感謝の気持ちを伝えよう。「小さな親切」実行章は誰もが推薦・受章できる”庶民賞”です

 私たちの身近にいる街の「親切さん」に「小さな親切」実行章(賞状・バッジ)を贈呈し、感謝の思いを贈ると共に、地域に思いやりの輪を広げる運動です。
 実行章の贈呈は、「小さな親切」運動の中心活動のひとつとして、発足以来続けられ、現在では600万人の方々が受章されています。

どんなことで受章しているの?

○長年にわたる清掃活動や花植え等の環境美化
○お年寄りや障害をもつ人との交流や施設慰問
○けが人の救助や困っている人に親身な対応
○子どもへの各種地域行事(しめ縄づくり、餅つき、笹巻づくり等)の指導
○長年にわたり、通学路の巡回見守り、交通安全指導の実施
○地域住民の交流の場づくり


あなたの感動を推薦しましょう

「小さな親切」実行章には、個人表彰と団体表彰の2種類があります。
受章までの流れは以下のようになります。

推薦から受章までのながれ


○実行章推薦書はこちら

ご注意
※自己推薦は対象外です。
※団体表彰における親切活動は継続的に行われているものが対象です。

全国累計600万人目の受章が山陰本部からの推薦となりました

合歓の会
「合歓の会」(益田市)
地域児童・高齢者支援を通じての世代間交流や
文化継承など幅広く活動。
  合歓の会



他にも山陰両県にはこんな“親切さん”がいます

  • 街道沿いの事業者による道路清掃・植松活動(米子市)
  • 愛犬とともに児童登校時の見守りと挨拶活動を長年行い、地域を明るくしている(飯南町)
  • 被災地や地域のボランティア活動を会社ぐるみで取り組み(松江市)
  • 独居高齢者宅への訪問による見守り活動(鳥取市)
  • 交通事故現場に遭遇した際、停止板の設置等適切な対応を行い警察官に引き継いだ(奥出雲町)
  • ATMに財布を忘れ困っていた高齢者に声をかけ、警察まで付き添った(浜田市)